先輩社員の声(望月)

生徒として『自分の音楽』をシアーで発見。今は一人前講師を目指して奮闘中。

望月 優 -Yu Mochizuki-

2014年4月 新卒社員入社

新宿ボーカルインストラクター

Q:あなたの笑顔の「素」を教えてください。

レッスンで生徒様の成長を感じたり、一緒に目標達成を喜んだりする瞬間!

 

Q:あなたの入社理由は何ですか?

幼いころから楽器を演奏したり歌を歌うことが大好きで、ずっと音楽の勉強を続けてきました。そこで学んだ知識や技術を活かし、よりたくさんの人に音楽の楽しさを伝えることができる場所だと感じたからです。またシアーのレッスンを受けたことが“自分の音楽”を見つけるきっかけとなったので、同じようにより多くの生徒様にもこのようなきっかけを作りたいと思い入社しました。

 

Q:新卒入社でインストラクターを目指す方へ必要な技術や心構えはありますか?

自分はどんなインストラクターになりたいのか、生徒様にどのようなことを伝えていきたいのかがしっかりと心の中にあれば、きっと素敵な講師になれると思います。

私は声楽専攻でもなく有名な音楽大学を卒業しているわけでもありませんが、私は入社前からより多くの人たちに“自分らしい音楽”を見つけてほしいという強い思いがありました。そのためには様々な知識・技術が必要でそれらを人に分かりやすく伝えるスキルも必要です。しかしこれらはたくさん勉強してたくさん練習すれば身につけることができます。講師になってからも日々勉強です。自分が持っている知識や技術は大切ですが、それよりももっと大切なのは”講師として何がしたいか”です。この気持ちをしっかりと持っていれば苦しい時もきっと乗り越えることができます。皆さんの中にある「こんな講師になりたい!」という思いを是非大切にしていってください。

 

Q:レッスン以外の業務で大変なことはありますか?

日々のレッスン以外では毎月のレッスンの振り返りや日報、数値把握、オーディション審査や研修、スクール向上のために企画をするなど様々な業務があります。社員講師は日々のレッスンを行いながらこれらの業務も行っていくので、業務時間を有効に使っていかなければなりません。

自分がレッスンを開講したばかりの頃はまだ空きコマも多いのでその時間を使って行うことが出来ましたが、レッスンが増えてくるとその時間も限られてきます。当たり前のことですがどの時間に何を行うのかしっかり決めておくこと、また決めたことは時間内にしっかりと終わらせられるよう一つ一つの業務を丁寧且つスピーディーに行っていく必要があります。最初は何をするにも丁寧に進めると時間がかかってしまっていたので少し苦労しましたが、その小さな事が非常に大切だと思っています。


Page Top
編 集